更新:2017年スキーオフトレWorkshop スケジュール

2017/2018シーズンに向けて、オフトレワークショップを開催していきます。大まかなスケジュールを「ワークショップ・イベント」ページにアップ致しました。
(8月以降のスケジュールについては、多少日程の変更の可能性があります)

活動レポ: セサミスポーツクラブ新入社員研修(前期)@三鷹・大船


4月10日からスタートした、セサミスポーツクラブの新入社員研修も今日で半分終わりました。

研修初日に撮影した集合写真を見ると、皆まだ馴染んでない感がありますが、入社して約1ヶ月、大分余裕が出てきた感じかします。


 


 

クラブ会員の皆様もネットから容易に専門的な情報を得ることが出来ます。スポーツサイエンスは日進月歩、新しいトレーニング情報が湧き上がる様に出てきます。その中から、どれだけしっかりとしたエビデンスを伴った情報があるのか、質の高いアテンドをしていくためには、インストラクターやトレーナーにもトレーニング情報リテラシーの高さが要求される時代。


 


一方的な情報伝達だけではなく、自分たちでも情報を精査していく能力を持ってもらえる様に、後期もレクチャーしていきたいと思います。


セサミスポーツクラブ大船

http://www.cesame.co.jp/ofuna/

セサミスポーツクラブ三鷹

http://www.cesame.co.jp/mitaka/


#エスチャレンジ @IIJIMA YOUICHI

#飯島庸一


参加者募集:5/21 S-CHALLENGEスキーオフトレワークショップ #158


スキーをする上で不可欠な7つの基本動作の解説・チェック、そして基本動作から発展させたトレーニングを行います。今シーズン、国体や技術選のサポートでも使用したサスペンションエクササイズ®︎ツールも使用します。

出来る動作、苦手な動作を把握出来れば、オフシーズンのトレーニングの方向性が明確になります。

http://ptix.co/2oj49UM


活動レポ: コパンスポーツクラブ Queenax研修@多治見


4月13日にコパンスポーツクラブ多治見様にお邪魔し、エスチャレンジ代表・飯島庸一がファンクショナルトレーニングユニット「Queenax」の講習を担当致しました。

 
こちらに設置されたQueenaxは、私も初めて見る世界最大級のQueenaxです。Queenaxの標準サスペンションエクササイズ®︎ツール・SuperFunctional™️を1列10名トレーニング出来るスペースがあります。

 
コパン様では、隣との余裕を持たせるために8セット設定出来るようにしてあり、2列で16名の方が同時にトレーニングすることが出来ます。
また、ペアでトレーニングする様なサーキットを組めば32名が同時にトレーニング出来ます。

 
スタジオも施設も、そしてスタッフの皆さんの笑顔も素敵です。
素晴らしいトレーニング環境でした。
研修にご参加頂いたスタッフの皆様、ありがとうございました!

コパンスポーツクラブ多治見

#Queenax マスターコーチ 飯島庸一

活動レポ: フィットネスクラブHear’V Queenax研修@小牧


4月12日、愛知県小牧市にあるフィットネスクラブHear’V様にて、ファンクショナルトレーニングユニット「Queenax」導入時研修を行いました。


Hear’Vのスタッフの皆さんには、2グループに分けて基本的な取り扱いについてはレクチャーしていて、今回の研修では前回使えなかったトレーニングツールの使用方法や、サスペンションエクササイズ®でのフォームチェックポイント、グループエクササイズのプログラミングなどをレクチャーしました。

 
真新しいフィットネス機器が溢れるかなりモダンなトレーニングジムエリアに、Queenaxも溶け込んでいました。

 
5月オープンのフィットネスクラブHear’V、大人のフィットネスを楽しみたい近隣の方は是非一度見学にどうぞ。

 
スタッフの皆様、研修お疲れまでした。
オープンに向かって頑張って下さい!

フィットネスクラブHear'V
https://hearv.jp/


S-CHALLENGE Training Program Works 代表
Queenaxマスターコーチ
飯島庸一

#Queenax
#Hear'V

活動レポ: チーム宮園・春キャンプ@野沢温泉


4月8日から2日間、クライアントの宮園さんとお仲間を中心とした「チーム宮園」の毎年恒例の春キャンプのサポートをしてきました。


初日午前中は予報に反して、晴れ間も見えたりしましたが、午後から曇り空。そして翌日はかなりしっかり雨に降られ、しかもガスでま10m先が見えない中での講習となってしまいました。

 
しかし、天候が悪かった分、集中して基礎トレーニングを行えました。徹底的に人間の本来持つ機能的動作とターン動作を分離して、制限動作が的確に出来ているか、ビデオカメラ2台併用して、滑ったらその場でフィードバック。シンプルな動作リクエストだから、ごまかしが効かないので、皆さん癖が分かりやすく映っていました。  

 
これでシーズンオフとなる方もいましたが、今回の映像を参考に来シーズンに向けて、少しでも修正できる様に頑張って欲しいと思います。

 
ご参加頂いた皆さん、ありがとうございました!

#エスチャレンジ @IIJIMA YOUICHI
#飯島庸一