2018/04/17

活動レポ: 日本体育大学スキー部トレーニングサポート@深沢


今季2回目のトレーニングは、フィジカルトレーニングの基礎となる、「基本姿勢と基本動作の確認」「モビリティとスタビリティ」「コアトレーニングと3プレーン」をチェック&トレーニングしてもらいました。

image description

大学生のトレーニングで非常に重要なのは、自分のカラダやパフォーマンスをどう的確にアウトプット出来るか、ということです。
成長期には、自分のポテンシャルを高めるインプット主体のトレーニングが主流ですが、大学生は大人のトレーニングにコンバージョン(変換)していく必要があります。

image description

真面目でストイックな選手ほど、高校時代の追い込み型トレーニングをやり続けて、スキーパフォーマンスに繋げていけていない選手が多いのが残念です。

image description

今までも色々な大学生チームのトレーニングサポートをしてきましたが、日体大は少なくともスポーツ科学の専門大学なので、選手にも少し高度な知識を提供しつつ、意識の変換と結果に繋がるトレーニングを意識してもらえるように、サポートしていきたいと思います。

image description


S-CHALLENGE Training Program Works 代表
飯島庸一

※選手強化・トレーニングサポートに関するご依頼・お問い合わせ
info@s-challenge.com





2018/04/16

活動レポ: セサミスポーツクラブ・新入社員研修 #1 @大船


今年も株式会社セサミ様のアスレ部門の新入社員研修を委託され、第1回目の研修を実施しました。

image description

今年は新入社員は1名のみということで、マンツーマンでの指導。
早速「小テスト」で現況の知識の確認、そして「マシントレーニングにおける機能解剖」を深掘りしました。

image description

指導カリキュラムにとらわれず、彼女のレベルに合わせて、計6回の研修で最大限スキルアップ出来る様に、レクチャーしていきたいと思います。

セサミスポーツクラブ大船
http://www.cesame.co.jp/ofuna/


S-CHALLENGE Training Program Works 代表
飯島庸一

※ブラッシュアップ研修等に関するご依頼・お問い合わせ
info@s-challenge.com





2018/04/15

活動レポ: チーム宮園・春季雪上キャンプ@かぐら


S-CHALLENGEのクライアントさんでもある宮園さんとお仲間の雪上キャンプ、今回のキャンプで累計12回目となりました。

image description

春キャンプはコブ滑走のテーマが多かったのですが、今回は来季に向けて、基本動作の修正と洗練をテーマにし、特にターン後半に効率的なターン動作が出来るよう、様々なエクササイズにチャレンジして頂きました。

image description

毎度の事ですが、周囲のスキーヤーからは奇異の視線が...。

image description

残念ながら2日目は豪雨とガスという状況だったので、体育館をお借りして、陸トレに変更。

image description

参加者の皆さんからは、結果的に「雪上で出来ない理由が陸トレを通して理解出来ました!」というコメントを頂き、例年以上に色々なスキルアップのためのヒントを得られたのではないかと思います。

image description

ご参加頂いた皆さん、お疲れさまでした!

image description

そして今年もエルブロンネさんにお世話になりました。
いつも美味しいご飯を頂き、皆さん大満足です。
ありがとうございました!

エルブロンネ
http://elbronne.com/
かぐらスキー場
http://www.princehotels.co.jp/ski/kagura/


S-CHALLENGE Training Program Works 代表
飯島庸一

※セミナーやトレーナー派遣に関するご依頼・お問い合わせ
info@s-challenge.com





2018/04/12

活動レポ: 日本体育大学スキー部トレーニングサポート@深沢


2018年度より通年でトレーニングサポートのご依頼を頂き、1回目のサポートを実施致しました。

image description

今回は上級生を対象にトレーニングジムにて、既に配信しているトレーニングプログラムの各エクササイズのフォームチェックや、個別の課題に展開していく際のポイントなどが中心となりました。

image description

アルペンスキー選手だけで31名もいるので、今後も幹部スタッフとコミュニケーションを取りながら進めていきたいと思います。

image description


S-CHALLENGE Training Program Works 代表
飯島庸一

※選手強化・トレーニングサポートに関するご依頼・お問い合わせ
info@s-challenge.com





2018/03/26

活動レポ: 4D PRO®︎ 公認インストラクター認定講習会@三鷹


3月26日、本日は4D PRO®︎ジャパン・マスタートレーナーとして、公認インストラクター認定講習会の講師を務めさせて頂きました。

image description

昨年春に第1期講習会を開催して、今回は第5期の講習会になります。今回も含め、累計130名超の4D PRO®︎公認インストラクターが誕生しています。

image description

数あるサスペンションエクササイズ®︎の中でも、非常にトレーニングバリエーションに富んだ4D PRO®︎を沢山の方に体験して頂く為には、公認インストラクターの皆さんの活躍が必須です。

今回、新たに認定を受けられましたインストラクターの皆さんにも、幅広いフィールドでの活用を期待しております。

image description

参加者の皆さん、お疲れさまでした。
ご参加ありがとうございました。

4D PRO®︎ JAPAN
http://www.4dprojpn.com/


S-CHALLENGE Training Program Works 代表
4D PRO®︎ JAPAN プロジェクトディレクター兼マスタートレーナー
飯島庸一

※セミナーやトレーナー派遣に関するご依頼・お問い合わせ
info@s-challenge.com




 

2018/03/19

活動レポ: Queenax™トレーナーファンデーションコース・オープンセミナー@三鷹


3月19日、フリーランスで活動されているトレーナー&インストラクター様向けの様の「Queenax™トレーナーファンデーションコース(QNX・TFC)・オープンセミナー」講習を担当させて頂きました。

image description

通常「QNX・TFC」はQueenax™が導入されたフィットネスクラブのスタッフに向けて実施されてきましたが、導入店舗にてフリーランスのトレーナー・インストラクター様がファンクショナルトレーニングによるセッションを展開しやすくする為に、今回の講習会が企画されました。

まだ告知が十分ではなく、今回は名古屋からのトレーナー様と東京のインストラクター様の2名となりましたが、今後もファンクショナルトレーニングをベースにしたセッションを展開して頂きやすい様に、定期的に開催予定です。

image description

直近では4月25日に京都市のOAK21にて、フリーランス向けの「QNX・TFC」が開催されます。Queenax™マスターコーチとして S-CHALLENGE 飯島も講師として参加させていただきます。

Queenax™を使ったファンクショナルトレーニングのセッションを展開したいフリーのトレーナーさんインストラクターさんは、フィールド広げるチャンスです。

詳細はこちら
↓↓↓
https://www.precor.com/ja/blog/2018/02/19/queenax_basic_2018/

25年以上、ファンクショナルトレーニングを主に選手サポートしてきたトレーナーとして、フィットネス業界でもより手軽に一般の方がファンクショナルトレーニングを取り入れてもらえる環境作りを、PRECOR様と共に展開していきたいと思います!

image description

今回ご参加頂いた林様、村川様、お忙しい中ありがとうございました。
皆様の更なるご活躍、楽しみにしております。


セサミスポーツクラブ三鷹
https://www.cesame.co.jp/mitaka/


S-CHALLENGE Training Program Works 代表
Queenax マスターコーチ
飯島庸一

※ブラッシュアップ研修・ファンクショナルトレーニング研修に関するご依頼・お問い合わせ
info@s-challenge.com





2018/03/11

活動レポ: 全日本スキー技術選手権大会サポート@ルスツリゾート

3月5日より7日間、北海道・ルスツリゾートに滞在し、全日本スキー技術選手大会および全日本スキーデモンストレーター選考会に出場する6名の選手のコンディショニング&ケアサポートを致しました。
image description
今回サポートした、水落亮太選手、兼子稔選手、鈴木洋律選手、鈴木匠子選手、蜂谷友寛選手、佐藤柊果選手の6名は、全員オフシーズンにもプログラムサポートしている選手たちです。
image description
1年間通じて、彼らのトレーニングサポートに関わり、また彼らの最大の目標である「全日本スキー技術選手権大会」での活躍を、現場でサポート出来るというのは、トレーナーとして、とても嬉しいことです。
と同時に、プレッシャーも感じながらのサポート業務となりました。
image description
朝6時からの、全体ウォームアップ、7時過ぎから雪上で個別にコレクティブエクササイズやアクティブウォームアップ、16時頃から全体でコンディショントレーニング、17時過ぎから個別にムーブメントリカバリーやトリートメントケアおよびアライメントコントロールなどを実施しました。
image description
結果としては、決勝に進めたのが、4名。
最終日のスーパーファイナルに進んだ水落選手は6位入賞となりました!
image description
技術選中日に開催された、全日本スキーデモンストレーター選考会には3名が出場し、水落選手と兼子選手が全日本ナショナルデモンストレーターに、鈴木洋律選手がSAJデモにそれぞれ認定されました。
image description
選手のコンディションとしては、少し問題がある選手もいましたが、パフォーマンスに影響することなく滑ることが出来たとのことですが、順位を上げられなかった選手が多かったのも事実。私としてもフィジカルアプローチだけではなく、テクニカルな部分もしっかり分析して、来年の技術選に向けて対応していきたいと思います。
image description
サポート選手を応援して頂いた皆様、ありがとうございました。
選手の皆さん、お疲れ様でした。
全日本スキー技術選手権大会
http://55gisen.info/gisen_index.html
S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一
※選手強化・トレーニングサポートに関するご依頼・お問い合わせ
info@s-challenge.com





2018/02/28

活動レポ: 富山県スキー連盟・国体チームサポート@妙高

「にいがた妙高はね馬国体 2018」に参加した富山県アルペンスキーチームのコンディショニングサポートをしてきました。
image description
通常大回転競技は、2本滑って合計タイムを競う競技ですが、国体の場合は1本勝負。
image description
1本にかける集中力とパフォーマンスの発揮、そして出走順が大きく結果に影響します。15位以内に入ると2年間第1シードを獲得出来、30位以内に入ると同じく2年間第2シードを獲得出来ます。下位順についても同様なので、例えば100目のスタート順の選手が50番以内になったら、翌年から2つくらい上のシード枠で滑ることが出来ます。
image description
シード枠を少しでも良いものにしていけば、8位以内入賞することで、「天皇杯・皇后杯」の得点に繋がります。
image description
一発勝負で、しかもその結果が都道府県の強化プランに大きく影響する国体は、選手たちは勿論、私を含めスタッフも独特の緊張感を持って、レースに関わっています。
image description
入賞出来た選手は少なかったのですが、来年のスタート順を上げてくれた選手が多くいて、早くも来年・再来年の選手たちの活躍が楽しみになってきました!
今年も貴重なサポートの機会を頂き、ありがとうございました。
image description


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一

※選手強化・トレーニングサポートに関するご依頼・お問い合わせ
info@s-challenge.com





2018/02/21

活動レポ: 福井県スキー連盟・国体事前合宿サポート@戸隠

2月20日-21日、長野県・戸隠スキー場にて、福井県スキー連盟・国体事前合宿のサポートをさせて頂きました。
image description
2016年春から福井県競技力向上スーパーアドバイザーとして、強化指定選手やチルドレン・ジュニア選手の強化サポートを計11回実施させて頂きました。
image description
今回の合宿は総仕上げとして、レースまでにパフォーマンスを高めるコンディションテクニックやコンディショントレーニングの方法、アクティブウォームアップの実施方法や注意点など、国体直前でもすぐに取り入れてもらえる内容を中心にお伝えしました。
image description
来る「福井しあわせ元気国体 2018」で、福井県選手が少しでも天皇杯・皇后杯の得点に貢献してもらうことも大切なのですが、この2年間の経験を自信に変えて、国体だけではなく、続く大会でもしっかり自分の滑りが出せる様になってくれたらいいなと思っています。
image description
選手の皆さん、自信を持って滑って下さい!
image description
今回のプロジェクトに携わって頂いた全ての関係者の皆様、貴重な機会を頂き、誠にありがとうございました!


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一

※選手強化・トレーニングサポートに関するご依頼・お問い合わせ
info@s-challenge.com





2018/02/04

活動レポ: 雪上Workshop #176 @八幡平リゾート

2月3日-4日、岩手県八幡平リゾートにて雪上ワークショップを開催致しました。
上信越や関東近郊のスキーエリアには無い環境を提供したくて、八幡平リゾートで初開催しました。

生憎、参加者は2名様のみとなってしまいましたが、沢山スキー場巡りもされているワークショップ常連のお2人からは「今回のワークショップは別格!」と評価頂きました。

image description

八幡平リゾートには、ホテルの目の前にあるパノラマスキー場のほか、送迎バスで5分の場所に壮大な岩手山を眺めて滑れる下倉スキー場があります。様々な斜面バリエーションが楽しめる下倉、練習には最適な緩やかな1枚バーンが多いパノラマ。両スキー場の特徴を活かして、存分に滑り込んでもらいました。

image description
image description

スキーブーツのインナーの下に圧力測定センサーを装着して、ターン動作の荷重感覚と実際の荷重圧を比較したり、サーモセンサーで皮膚温を計測したり、少人数だから出来る様なアプローチも色々体験して頂きました。

image description

また三陸沖の海の幸、前沢牛や岩手でしか食べれない杜仲茶ポーク、様々な田舎スイーツなど、岩手の食文化にも大満足のお2人。

image description

新幹線で2時間、盛岡からバスで80分。
少し移動時間がかかりますが、土日でもゆったり滑れるスキー場でのワークショップのメリットを十分感じて頂けたと思います。当然、滑りも激変されました。

image description

八幡平リゾートの高橋支配人を始め、スタッフの皆様には大変お世話になり、お陰様で素晴らしいワークショップを開催することが出来ました。
ありがとうございました。

また来年も開催しますので、新しい刺激を求めてる方は是非来年一緒に滑りましょう!

八幡平マウンテンホテル
http://www.hachimantai.co.jp/

2018/01/30

活動レポ: スポーツリゾート アマン・Queenax™トレーナーファンデーションコース研修@美川

1月30日、石川県にあるアマン様のトレーニングジムスタッフ様向けに、ファンクショナルトレーニングユニット「Queenax™」のトレーナーファンデーションコース研修を実施させて頂きました。
image description
こちらは総合スポーツクラブなので、今回の研修にはスイムインストラクターの方たちも参加され、Queenax™を活用した幅広いサービス展開が期待出来ます。
image description
ファンクショナルトレーニングは、ストレングスやエアロビックなどのベーシックフィットネスをスポーツパフォーマンスに繋げていくために必要不可欠です。
image description
トレーニングジムスタッフ以外の方がQueenax™を使うことで、既存会員様により多面的なアプローチをすることが出来ます。
image description
今回研修に参加されたアマンのトレーナーの皆さん、終始とても和やかな雰囲気で、私もとても楽しく講習させて頂く事が出来ました。
皆様の更なるご活躍、楽しみにしております。
ご参加頂いたスタッフの皆様、ありがとうございました!
image description
スポーツリゾート アマン
http://www.sr-aman.com/
S-CHALLENGE Training Program Works 代表
Queenax マスターコーチ
飯島庸一
※ブラッシュアップ研修に関するご依頼・お問い合わせ
info@s-challenge.com