2018/04/17

活動レポ: 日本体育大学スキー部トレーニングサポート@深沢


今季2回目のトレーニングは、フィジカルトレーニングの基礎となる、「基本姿勢と基本動作の確認」「モビリティとスタビリティ」「コアトレーニングと3プレーン」をチェック&トレーニングしてもらいました。

image description

大学生のトレーニングで非常に重要なのは、自分のカラダやパフォーマンスをどう的確にアウトプット出来るか、ということです。
成長期には、自分のポテンシャルを高めるインプット主体のトレーニングが主流ですが、大学生は大人のトレーニングにコンバージョン(変換)していく必要があります。

image description

真面目でストイックな選手ほど、高校時代の追い込み型トレーニングをやり続けて、スキーパフォーマンスに繋げていけていない選手が多いのが残念です。

image description

今までも色々な大学生チームのトレーニングサポートをしてきましたが、日体大は少なくともスポーツ科学の専門大学なので、選手にも少し高度な知識を提供しつつ、意識の変換と結果に繋がるトレーニングを意識してもらえるように、サポートしていきたいと思います。

image description


S-CHALLENGE Training Program Works 代表
飯島庸一

※選手強化・トレーニングサポートに関するご依頼・お問い合わせ
info@s-challenge.com





2018/04/16

活動レポ: セサミスポーツクラブ・新入社員研修 #1 @大船


今年も株式会社セサミ様のアスレ部門の新入社員研修を委託され、第1回目の研修を実施しました。

image description

今年は新入社員は1名のみということで、マンツーマンでの指導。
早速「小テスト」で現況の知識の確認、そして「マシントレーニングにおける機能解剖」を深掘りしました。

image description

指導カリキュラムにとらわれず、彼女のレベルに合わせて、計6回の研修で最大限スキルアップ出来る様に、レクチャーしていきたいと思います。

セサミスポーツクラブ大船
http://www.cesame.co.jp/ofuna/


S-CHALLENGE Training Program Works 代表
飯島庸一

※ブラッシュアップ研修等に関するご依頼・お問い合わせ
info@s-challenge.com





2018/04/15

活動レポ: チーム宮園・春季雪上キャンプ@かぐら


S-CHALLENGEのクライアントさんでもある宮園さんとお仲間の雪上キャンプ、今回のキャンプで累計12回目となりました。

image description

春キャンプはコブ滑走のテーマが多かったのですが、今回は来季に向けて、基本動作の修正と洗練をテーマにし、特にターン後半に効率的なターン動作が出来るよう、様々なエクササイズにチャレンジして頂きました。

image description

毎度の事ですが、周囲のスキーヤーからは奇異の視線が...。

image description

残念ながら2日目は豪雨とガスという状況だったので、体育館をお借りして、陸トレに変更。

image description

参加者の皆さんからは、結果的に「雪上で出来ない理由が陸トレを通して理解出来ました!」というコメントを頂き、例年以上に色々なスキルアップのためのヒントを得られたのではないかと思います。

image description

ご参加頂いた皆さん、お疲れさまでした!

image description

そして今年もエルブロンネさんにお世話になりました。
いつも美味しいご飯を頂き、皆さん大満足です。
ありがとうございました!

エルブロンネ
http://elbronne.com/
かぐらスキー場
http://www.princehotels.co.jp/ski/kagura/


S-CHALLENGE Training Program Works 代表
飯島庸一

※セミナーやトレーナー派遣に関するご依頼・お問い合わせ
info@s-challenge.com





2018/04/12

活動レポ: 日本体育大学スキー部トレーニングサポート@深沢


2018年度より通年でトレーニングサポートのご依頼を頂き、1回目のサポートを実施致しました。

image description

今回は上級生を対象にトレーニングジムにて、既に配信しているトレーニングプログラムの各エクササイズのフォームチェックや、個別の課題に展開していく際のポイントなどが中心となりました。

image description

アルペンスキー選手だけで31名もいるので、今後も幹部スタッフとコミュニケーションを取りながら進めていきたいと思います。

image description


S-CHALLENGE Training Program Works 代表
飯島庸一

※選手強化・トレーニングサポートに関するご依頼・お問い合わせ
info@s-challenge.com