2018/05/12

活動レポ: 日本体育大学スキー部トレーニングサポート #3 @深沢

 
今季3回目の日体大スキー部アルペンチームのトレーニングサポートを実施しました。
今回はアジリティなどのフィールドトレーニング。ベースとなる「ファンダメンタルポジション(基本姿勢)」について、実技を交えて理解を深めてもらいました。

image description

大学生や社会人のフィジカルトレーニングで重要なのは、カラダの能力をアップさせる(インプット)ことと平行して、自分のフィジカルを的確にスキーに伝える(アウトプット)ポジションコントロール能力を高めることが非常に重要だということです。

image description

アルペンスキーに限ったことではありませんが、トレーニングはスキーのパフォーマンスを高めるための1つの手段であって、目的になってはいけません。マーカーやラダーなどのトレーニングの中で、ポジションやトレーニングフォームの精度が上がらなければ、フィジカルを高めてもスキーパフォーマンス向上には繋がらないのです。

image description

ワールドカップで活躍している海外の選手は押し並べてカラダの機能性を活かしたフォームでトレーニングしています。

image description

重心の向き、荷重の位置、股関節の機能など、意識しなければいけないことは沢山あるので、動作を細かく分解し、そして少しずつ組みあわせていって、色々なトレーニングバリエーションに展開してみました。

image description

熱が入って、予定より1時間ちょっとオーバーしてしまいましたが、爽やかな天気の中、みんな楽しそうにトレーニングしてくれていました。


S-CHALLENGE Training Program Works
代表/フィジカルトレーナー 飯島庸一

※選手強化・トレーニングサポートに関するご依頼・お問い合わせ
info@s-challenge.com